Karuishi+blog

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 日記   Tags: ---
気になったのをいくつかピックアップ。
ネタがないのだよ明智君。

■もうコンビニ弁当なんか食わないよママ

"コンビニ弁当の実態" 中国産野菜、カビ漬物…「安いが、病気になるなら無意味」と専門家「コンビニ弁当に入っているシイタケ、レンコン、にんじん、サトイモなどの野菜は中国から輸入されています。こういった野菜には多くの農薬や添加物が使われているのですが、収穫されてもしっかりと洗われてはいません。というのも中国は日本に比べて水資源が少ないため、野菜の洗浄に何度も同じ水を使っているのです」

「輸入された塩蔵野菜は横浜港などに何年も置かれています。実際にその現場に行ったことがありますが、大量に置かれていることもあってか臭くて近づけませんでしたね。中にはカビが生えたものもありますが、漬物工場で漂白、着色、脱塩などをすれば食べられる漬物に生まれ変わるのです・・・」


「雌の豚にコンビニ弁当を食わせ続けていたら奇形・死産が続出した。」とか
「コンビニ弁当の白いご飯は炊き出した後、スプレーで防腐剤を吹きかけるのだが、受け皿のアルミが溶けている程のものを使用している」
だとかいう話。
コンビニ弁当は、高い・不味い・体に(極悪に)悪い。
帰結する回答は「手作りが一番だ」
ということを再認識させられる記事でした。
どこを取ってもやばすぎるだろう…常識的に考えて…

個人的に一番説得力があった参考リンク
・中国名物七色の川
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html

Painterで着色しました!と言われたほうがまだ安らぐなぁ。
しかし、実際「枯れ草に緑色の塗料をまいて緑化計画」などなどの写真も目にしてしまい「ちょっと待て」と、ツッコム隙さえないことに愕然となること請け合い。


■世の中には親切な人がいるもんだ

漫画で学ぶ格差社会問題

第1弾 フリーザ様に学ぶフリーター問題
第2弾 セルゲームに学ぶ「再チャレンジ支援税制」
第3弾 孫一家に学ぶ「就職氷河期」問題
第4弾 三井寿に学ぶ派遣社員問題
第5弾 戸愚呂面接官に学ぶ中途採用基準
第6弾 仙水忍に学ぶ公務員制度
第7弾 ドラゴンの騎士に学ぶパラサイトニート問題
第8弾 大魔導師ポップに学ぶ新卒の重要性
第9弾 ワムウに学ぶホワイトカラーエグゼプション
第10弾 ダービーに学ぶ就職氷河期の前後における学生の待遇
おまけ これが30過ぎた男の月収なのか


見れない場合はURLコピペで見れると思います。

全然知らなかったので、色々とためになりました。
知っといて損は無いと思います。


■「泣ける漫画の台詞」ネタは強い。

最近読み返した「みどりのマキバオー」から。
マキバオー最強のライバルにして目標の「漆黒の帝王」カスケードが
マリー病にかかり二度と走れない体になってしまった
エピソード内の台詞。

(↓)有馬記念レース前。管助くん。

「カスケードがなんでそんな体をおしてこのレースに出てきたと思ってんだ…何でそんな体で海外へ行ったと思ってんだ…
 カスケードは僕らに道を残してくれたんだぞ。日本の競走馬が世界でも通用するってな…それを“夢”で終わらせちゃだめなんだよ。あいつはその役目を渡しに来たんだ!! 誰に渡しに来たと思ってんだ!!」
「お前だ!!!たれ蔵!!!
 お前が受けとらなくちゃいけねえんだよ!!!
 お前がそのバトンを受けない限りあいつは走り続けなきゃならないんだ。受けとってやれ!決着をつけてやれ!!安心して引退させてやれ!!!」


(↓)レース中。マキバオー。

「お前のその体ではもうこれ以上走り続けるのは無理だ!!今日を限りに引退するんだ!!安心して引退しろ!!引退してもお前の伝説は語り継がれる。みんなの記憶に残り続ける!!」
「あのカスケードのライバルはこんなにもすごい奴なのかって!
 そう世界中の競馬ファンに見せてやるんだ」


(↓)ラストの直線。
限界を迎えたカスケードを一気に引き離すマキバオー。それを見た実況アナウンサーが吼える。
「ついに宿敵カスケードを越えた!!カスケード時代の終焉か!!黒い伝説もここまでか!!」


「終わらないさ…終わらない! こんなもんじゃない…こんなもんじゃない! もう忘れたのか!!あのカスケードを…あのカスケードを忘れたっていうのか!!!」
「見えないのか!? 感じないのか! 伝説はここにある。黒い風は吹いてる。これがカスケードだ!んあああああ!!これがカスケードだ!!!僕達が命懸けで追いかけて来たカスケードだ!!」



マキバオーが追い続けてきた全盛期のカスケード。
マキバオーの意識の中にあるそのカスケードが幻影となって現われる。
追いかける。幻影でないカスケードは遥か後方だが、関係ない。そもそもにして見えていない。
なぜなら、本物のカスケードはまだ目の前を走っている。
自分より先を走るライバルは今もまだ前にいる。
それを。最後の最後で追い抜いて、ゴール。
マキバオーの最初で最後の完全勝利。

同時に最強馬カスケードの引退。


かっこよすぎる。
神懸ってる。


こういう話題だと「ダイの大冒険」「うしおととら」「はじめの一歩」「スラムダンク」「ワンピース」「ドラえもん」等が鉄板でしょうか。「ダイの大冒険」はポップ、ハドラーと名演が揃い踏み、「うしとら」は全エピソードにハズレなし、「一歩」は中盤の木村や鷹村さんの試合を筆頭に泣ける、と。「あの男が一言でも辛いといったダニか?」で、かなり来るものがあります。「スラムダンク」も比較的全般から。「ドラえもん」は言わずもがな。
あまり話題には上らないけど、個人的に
「俺たちのフィールド」「今日から俺は!」も好きです。

といった具合に作品が偏り勝ちな話題ですが、
これ以上どんだけ話しても飽きないネタもない。
ただ、話が進むうちに「今のジャンプのどこが駄目か」
を考え始める己の思考回路が若干むかつく。
他人の粗探ししてる暇なんかないんだよ。

Comments

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
 
プロフィール

かるいし(かる)♂

Author:かるいし(かる)♂
ホロ酔い

 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
FC2カウンター
 
 
 
ブログ検索
 
月別アーカイブ
 
 
解析

 
ブロとも申請フォーム
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。