Karuishi+blog

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんごくし-1-


Category: 漫画日記   Tags: ---
寒い寒い寒い寒い寒いあっ洗濯してないから靴下ない!
寒い寒い寒い寒い寒い指が悴む指が悴むお風呂最高出たくない出た寒い
ほら出た窓だよ見なよ結露だよ仕方ないから吹くけどぎゃー寒いぎゃー。

もういいって三国志読むからと決意し、僕は横山光輝三国志崩しに本格的に着手した。
登場人物中、間違いなく、ナンバー1の知名度を誇るであろう
孔明が出てきたのは30巻になってからだった。
劉備が国を興すのが遅すぎて、いざその名前が台詞に出るまで半分忘れていた程に遅い登場だった。ちなみに30巻の時点でも劉備は蜀を興していない。

しかし、一度出た後の孔明の存在感と来たらただ事ではない。
誰も彼もが「諸葛亮孔明」の名を胸に刻み、味方は彼の采配に従う手足となり、敵はその異名に恐れ戦く。完全に主役である。
って言うか、孔明チートすぎるだろ何だこいつ?何だ?神か?神様なのか?
そんな言葉が嘘にはならないほどに諸葛孔明の戦術眼、口達者、ブラフ術と来たら二手三手先を読むなんてレベルには留まらない。絶対、未来見えてる、タイムマシン持ってる、そんなレベル。たとえ無人の砂漠に居たとしても、「今日の晩御飯はカレーだ」と孔明の一声あらば、その時間までには何故か食材が揃い、勿論料理人が参上し、間違いなくカレーが出てきて、兵士はソレをおいしく頂き、これによって類まれなる戦意を養い、自軍2万敵軍10万の圧倒的数の暴利さえ覆し勝利を手中に収めるであろう。そんなレベル。もうオカシイ、オカシイまじオカシイ。
孔明ヤバイ。孔明はヤバイのだ。
しかも、蜀の武将と来たら、やたら強い。
関羽とか張飛とか趙雲とか馬超とか黄忠とかもうマジで強い。
五虎大将軍だなんて名前までつくほど。これがチート孔明の采配で動くのだもの。そりゃ、負ける気がしないよね。

でも、関羽死んじゃって俺はマジ泣き。首を刎ねられちゃった。
しかも首級の扱い酷いの。義兄弟の劉備の元には届かないの。
呉の孫権のくそったれが、関羽を殺したお陰で怒り狂う劉備に国を滅ぼされちゃ適わないぜっつって、魏の曹操のところに送るの。なすりつけたぜこの野郎!!
遠い地で国を治めていた劉備も、届いた「関羽死亡」の訃報を聞いて、
「嘘だと言ってくれ」と泣き叫ぶ始末。ソレを見て俺はもう駄目。
俗に言う涙腺決壊。張飛は静かに怒ってるの。「俺だけでも仇討ちに行かせてくれ!」と言うの。でも、蜀と呉で、国同士の諍いにまで発展したら、魏の一人がちになっちゃうから駄目なの。泣いて止める劉備と、泣いて頷く張飛とかマジでもう駄目。駄目。駄目。
マジ孫権殺す。マジ殺す。止めてくれるなと俺は机の上の鋏を握ったね。
でも、こっちが死ぬイメージしか浮かばなかった。当然だぜ孫権だぜ王様だぜ死ぬぜ。
という訳で泣いただけで終わってしまったのさ。ああ、関羽。
ああ………

ここから先はまだ読んでないんだぜ。

泣いたのと、寒さのダブルパンチで頭が痛いぜ。死ぬ。

Comments

Leave a Comment


10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
 
プロフィール

かるいし(かる)♂

Author:かるいし(かる)♂
ホロ酔い

 
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
FC2カウンター
 
 
 
ブログ検索
 
月別アーカイブ
 
 
解析

 
ブロとも申請フォーム
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。