Karuishi+blog

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの消失 谷川流


Category: 小説感想   Tags: ---
涼宮ハルヒの消失 涼宮ハルヒの消失
谷川 流 (2004/07)
角川書店

この商品の詳細を見る

「来る?」
長門は俺の爪先を見ている。
「どこに?」と俺。
俺の爪先が返事を聞いた。
「わたしの家」


無駄の無い文章と言う意味ではなく、随分、抑揚の無い描写のせいか
どこで盛り上がっているのか解らぬまま終わってしまった、っていう。
読み終えて思い返している今となっても、その正体は判然とせず、
一体全体この作品のどの部分を持って名作と称するのかを考えている始末である。
そんでもって、思うに、キモは長門有希をはじめとする各キャラの
しかも外見ではないところに対する思い入れ、結局はラブであって
前三作品によってそいつを育む前に、最初の「涼宮ハルヒ」として
手に取ってしまったことが当方が懐疑的な念を抱いた要因であろうか。はて。
いや、それもあろうが、温いんである。
ドラえもんよろしく何でも出来そうなキャラを配置しておきながら、
全編に漂う甘味テイストが「もっと苦痛を与えてやれよ」というサディステックな感情を喚起させるのだ。導入は楽しいのだけど、後半、奔走しはじめるキョンの仕草はどれもこれも辻褄あわせ以上の意味が無いのが結果として、一層それを助長させる。この展開ならキョンは更なるダメージを負わなくてはカタルシスなど生まれないのではないか。いや、勿論個人的な好みではなく、これは一例に過ぎないけれども。少々優しすぎるきらいがあった。
結局のところ、「対象年齢」が如実に設けられている作品であるのだ。
と言わざるを得ない。

うぅん……ちょっち残念……であるからして、あはん。

Comments


あぁ、俺も積んでる分をさっさと読まなくちゃな・・・
 

アニメをやっとこさ見ました。
最後のみっくるんるんは猛烈に可愛かったです
 

Leave a Comment


08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07

09


 
 
プロフィール

かるいし(かる)♂

Author:かるいし(かる)♂
ホロ酔い

 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
FC2カウンター
 
 
 
ブログ検索
 
月別アーカイブ
 
 
解析

 
ブロとも申請フォーム
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。