Karuishi+blog

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり


Category: 小説感想   Tags: ---
ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編ゲート―自衛隊彼の地にて、斯く戦えり〈1〉接触編
(2010/04)
柳内 たくみ

商品詳細を見る

帰省の道中で立ち寄った本屋の一角で見慣れた色使いの表紙を見かけたのが切っ掛けで知る。
表紙の描き手こそ旧PNはokome。現在はDaisuke Izuka。
某「三国志大戦」にて「俺の嫁!」と胸を張って……張って………
いや、まぁ、好きだっていうかその程度がどのくらいかっていうと
財布には常時そのカードが入ってるっていうくr(ry
そんな「王悦」を描いてくれたその人である。
個人的には割とアラヒトガミであって、
4時間を新幹線に揺られ、物流豊かな大阪に辿り着いて尚、
あんだーりん最新刊が見つからずに憔悴していた俺の目が
思わず釘付けになってしまうのも仕方ないことであった。

そんな経緯による邂逅。
肩にずしりとのしかかる荷物に重みを覚えたままぼうっと手を伸ばし、
挿絵はあるのかな?と、ページをめくる。
残念ながらそれはなかったが、「異世界」「自衛隊」
たった二つの単語だけでも感じられるロマンに胸が躍り、
電池が切れかけたスマホをその場で取り出しネット上の評判を漁る。
上々!
全五巻。1冊1700円+税。大判コミックスのサイズであったため、
荷物になるのを避けて名残惜しくもその場は捨て置く。

帰宅後、即、大き目の本屋に足を運び、全冊を両手で抱え、
レジにどさりと乗せる行為そのものにちょっぴり浸りながら購入。

とは言え、分量が分量であったために怖気づいてしまい、
今に至るまで1月ほど積んでいたそれを本日、読了。


ひとたび読み始めたらもう止まれず、
半日で一気呵成に駆け抜けたために、興奮冷めやらず!
感想もまとまらぬままキーボードをぺしぺし打っております。


柳井たくみ
東京都在住。自衛官を経験した後、2006年に自営業を開業。
本業に従事する傍ら、インターネット上で精力的に執筆活動を展開し、
2010年4月、「 ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 1.接触編」で出版デビュー。


決して安い買い物ではないこの作品に対して
まとめ買いの当時は暴挙、今となっては英断を敢行した
決定打となったのは筆者プロフィールでしたので、さくりと。


さらにはたった今、今月末に同作品の外伝が出版されることを知り、
静かに歓喜に沸いております。
最後は薄味でしたので、デザートが欲しくなった按配にこれ。
作品の出版自体は12年1月。知ったのは8月。読んだのは今月!
そんな今月に即続きの報!
間違うことなく幸運です。否。僥倖です。
この巡り合せこそは、この身は、
今この瞬間、神に愛されている!そうであろう!と
声高々に諸手を上げて天に向かって喝采を挙げたい衝動に駆られ、
実際に手と顔を挙げてみました。ふふふ。楽しい。このこのこの。

また作品に関する感想そのものは気が向いたら後日。

Comments

Leave a Comment


09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
 
プロフィール

かるいし(かる)♂

Author:かるいし(かる)♂
ホロ酔い

 
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
FC2カウンター
 
 
 
ブログ検索
 
月別アーカイブ
 
 
解析

 
ブロとも申請フォーム
 

Archive RSS Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。